オリジナルの名入れ刻印が出来ない理由

メッセージカード、ワインカードとジャニソン

名入れワイン(刻印)って出来ますか?という質問が多いのですが・・・

寺井画像
 プレゼントをするなら、相手のお名前、記念の日付などを入れたい、という贈り主様のお気持ち、よくわかります!でも、申し訳ないのですが、当店ではお断りしています。それは次のような理由からです。

ワインを激しい温度変化にさらしたくない

 当店には、業者さん(輸入元など)から温度管理した便でワインが納品されます。その後も、店内のセラー、倉庫では温度・湿度を徹底し、保管しています。
 また、28度を超える夏季には、お客様に配送代を一部ご負担いただきながら、クール便(チルド便)での発送をしております。

クール便で湿気等で汚損することはありません
 
 さらに、すべてのワインにお付けしているワインカードには、飲み頃のご案内にあわせて、ご自宅での保存方法のアドバイスも添えています(例えば「梅雨から秋は冷蔵庫で」など)。これらは全て、ワインにとって温度変化が大敵だから行っていることです。

 オリジナル刻印をするには、まず、ラベルを剥がさなければいけません。きれいに剥がすためには、ボトルごとお湯にしばらくつけておきます。お湯と言うぐらいですから、クール便に変える基準の28度を軽く超える温度です。剥がれにくいワインの場合は、50度60度を超えるお湯につけないと剥がれません。
 これは、ナンセンスですよね!!これでは、それまでの温度管理が台無し!ワインが劣化してしまいます。
  
 そのため、当店では、ボトルへの名入れはお受けしておりません。

オリジナルの名入れ刻印するコストでかなり美味しいワインに替えられます

 他店の名入れしてある商品は、売価は1本10,000円前後するものがほとんどです。しかし、ワインそのものは1,000円台程度のものが多いです。1,000円台と10,000円では、ワインが全く違います!!

 お決めになるのは贈り主様ですが、ソムリエとしては同じご予算なら、ワインそのものにお使いいただきたい、味が全く違うのです!!(それに、元々のラベルにこめられた歴史や生産者の思いを味わっていただきたい。思い出のワインとしてこのワインを好きになってほしい!)

 ちなみに、1本1,000円台のワインを10,000円程度で売っているワインショップさんは決して悪徳ではありません。ワインに名入れ刻印をする業者さんが北九州にもあるのですが、もし、そこに依頼して当店で販売するとなると、当店にある3,000円のワインは10,000円で売っても、名入れによる利益はほとんどありません。10,000円販売で、名入れによる利益もきちんと確保しようとすると2,000円程度のワインにするしかありません。

 当店でも同様のことをすればいいのでしょうが、私は経営者でありながら、今でも現場で働くソムリエ、その予算があればもっと美味しいワインが選べると思ってしまします。
 美味しいワインを贈ってほしいので、やはり名入れは出来ません

名入れ刻印の代わりにメッセージカードがおすすめ

 そこで、当店では、無料でお付けできるメッセージカード(写真もOK)や、ワインの詳細をわかりやすく伝えるカードなどをご用意しております。
20161111オリジナルラベル全体

 ボトルに彫刻した場合の「ボトルをどこに保管しておけばよいか迷う」「割れるのが不安」「場所をとる」という不安を解消し、ポストカードサイズのメッセージカードの為、保管がしやすいです。結婚時には、皆様からの招待状の返信や年賀状と一緒にはがきフォルダに入れられます。ワインの説明カードも同様にハガキサイズです!

写真付きメッセーカードの画像

写真も添えられます

 このように、写真もメッセージカードと一緒に当店で同梱できます。見開きメッセージが写真付きなんて、とっても想いが詰まっていますよね。贈り主様の思いをオリジナリティあふれるサービスでお届けいたします♪

生まれ年ワインショップトップページへ

※この記事は姉妹店の「名入れワインをお断りする3つの理由|プレゼントワインショップ」を編集した記事です
http://present-wine-shop.derisomu.com/siteinfo/naire-wine.htm

“オリジナルの名入れ刻印が出来ない理由” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA